SUPER GT 2020 Round.4 Motegi Day1

Practice:10/Q1:10
 雨予報が出ていた予選日、午前中の公式練習は雨が不安定に降る複雑なコンディションでセッションに。車両確認のため平手がまずステアリングを握り、車輛のチェックをしていく。タイヤはこの難しいコンディションの中でもしっかり発動し、平手は車輛フィーリングには良い手応えを得つつ、千代選手に交代。
 トラブルもなく順調にメニューをこなしていき、専有走行ではタイミングなどもあり10番手となるものの、5位から10位までは0.15秒の中にいるという僅差に。

 予選は今回はQ1を千代選手が担当。
 雨が影響し、スケジュールはディレイ気味で進行する中、500クラスのQ1がスタート。千代選手は順番としてはほぼ最後というタイミングでアタック。ここでQ1突破の8番手にまでタイムを上げたが、この周は黄旗が出ておりタイムは抹消に。正式グリッドは10番手スタートとなった。

 明日決勝日の天候もまだ予断を許さないが、難しいコンディションの中での良かったフィーリングは自信につながっているようで、まずはポイント圏内を確実に挽回できるよう地に足をつけて臨むようだ。

2020年09月12日