SUPER GT 2019 Round.4 Thailand Day1

 曇り空となり、比較的過ごしやすいと言える環境の中、タイラウンドが始まった。
 3号車は走り出しから感触がよく、マコヴィッキ選手、平手共に手応えのあるタイムを刻む。順調にメニューを消化する事ができ、専有走行でもマコヴィッキ選手がトップタイムを記録し、調子の良さを物語っていた。

 予選に向けても天候の変化に対応できるタイヤチョイスを行い、マコヴィッキ選手がQ1を担当。雨に見舞われる事もなく、2番手でしっかりと通過。
 引き継いだ平手もいい流れのままアタックできたが、コースレコードを更新したトップ2台にはコンマ1秒及ばず、3番グリッド。
 アタックした平手としても、まだ詰めれる部分はあったと悔しさを滲ませつつも、決勝へは大いに自信を持っていた。

 平手は最後に明日の決勝は、日産陣営、GT-Rの今季初勝利を、チーム、マコヴィッキ選手、そして応援してくれるファンの皆様と共に一丸となって届けたいと語った。

2019年06月29日